弁護士歴38年の豊富な経験と実績で取り組みます

(従前ホームページから)

当事務所での解決事例の一部

当事務所で扱う交通事故被害者から加害者・保険会社側に対する損害賠償請求事件は、多くは訴訟手続によるものです。
訴訟事件の多くは後遺障害等級が争いになるものですが、当事務所で扱った事件の内特に印象に残るものを何件か紹介します。

(1)予備校生片足切断事件
<事案>
交差点内でバイクで直進した予備校生と右折自動車が衝突し、予備校生は1年以上入院し、最終的には片足切断、片手麻痺で後遺障害2級認定。当初保険会社提示額 :1600万円
<主な争点>
過失割合、労働能力喪失率(片足切断例では40~90%と多岐)、予備校生の逸失利益算定収入基準額(高卒、専門学校卒、大卒と多岐)。保険会社はいずれも最低基準を主張。弁護士介入後も3000万円程度の回答に対し、約1億1000円 の支払いを求めて提訴。
<最終結論>
地裁で損害金付き9200万円の判決を得たが、被告側が控訴し、高裁で8800万円の即時支払で和解。
当初保険会社提示額1600万円が8800万円で解決したもので最終的に7200万円アップしました。

(2)老婆惚け事件
<事案>
対向車線にはみ出して自転車運転した老婆が対向車と衝突し2年以上入院して最終的に惚け老人となり後遺障害2級認定。当初保険会社提示額:1500万円
<主な争点>
過失割合、老婆の収入(魚介類販売行商、申告なし)、介護料金額。保険会社は自賠責で認める金額を越える支払を全面拒否回答に対し、自賠責保険金1500万円を受領して5000万円の支払を求めて提訴。
<最終結論>
第一審で2500万円で和解。総額4000万円取得。

(3)

Page Top



(従前ホームページから)
小松亀一法律事務所 Tel022-266-8257、Fax022-266-8255
〒980-0811仙台市青葉区一番町2-10-26-702旭コーポラス一番町